HOME > セミナー情報 > 11月24日~ 12月24日 第2回 BD FCM-MRD ワークショップ 多発性骨髄腫編
日本ベクトン・ディッキンソン

11月24日~ 12月24日 第2回 BD FCM-MRD ワークショップ 多発性骨髄腫編
日本ベクトン・ディッキンソン

2021年11月23日
おすすめ分野 分析科学、薬系分析
開催日 2021年11月24日~2021年12月24日
会場 オンライン
開催内容 3回シリーズでお届けするMRDワークショップのお知らせです。
開催エリア オンライン、期間限定公開動画
開催形式 録画ウェビナー
主催者名 日本ベクトン・ディッキンソン
申し込み方法 詳細URLをご確認ください。
詳細URL https://www.bdj.co.jp/biosciences/form/20211124_apply.html?mkt_tok=MzAzLUtZVC02MzgAAAGA5FhdS4CfSqAIPeHtUei0NTpSObCINc4jNcXqBNw2rNvvtPdAu8zI1Ktih-iFZankIaWAl_Hf28tpi5AiDnYtHQVjdSKrEWLpYN7oTjklEA

第2回 BD FCM-MRD ワークショップ 多発性骨髄腫編
配信期間:2021年11月24日(水)~ 2021年12月24日(金)
配信プラットホーム:BDホームページ
言語:日本語
3回シリーズでお届けするMRDワークショップのお知らせです。第2弾では、「検査現場のMM-MRD測定の現状と課題を把握すること」「FCM法のメリットとデメリットを理解すること」をゴール設定としました。多発性骨髄腫のためのMRD測定に関する市場調査より「FCM検査現場からMRD検査の現状と課題」と「MM-MRD FCM法の特長と課題」を医師と検査技師のそれぞれの立場から、わかりやすく、活発なディスカッションを行っていただきました。今まで見えていなかった情報を知ることが出来るはずです。是非、ご視聴ください。

座長 安倍 正博 先生(徳島大学大学院医歯薬学研究部 血液・内分泌代謝内科分野 教授)
「多発性骨髄腫のためのMRD測定の現状と課題」
演者 鈴木 憲史 先生(日本赤十字社医療センター 骨髄腫アミロイドーシスセンター 顧問)
ディスカッサント
豊嶋 崇徳 先生(北海道大学大学院医学研究院 血液内科学教室 教授)
丸岡 隼人 先生(神戸市立医療センター中央市民病院 臨床検査技術部 技師長補佐)
野間 芳弘 先生(株式会社エスアールエル 遺伝子病理部 細胞性免疫解析課 担当課長)
坂本 淳 先生(株式会社ビー・エム・エル 細胞性免疫課 課長)
齋藤 敬 先生(株式会社LSIメディエンス 細胞性免疫グループ 課長)

サイサチ機器カタログ掲載のBD関連製品はこちら

この情報に関するお問い合わせはこちら

TOP